電話:042-519-2180

メニュー

  • 駐車場完備

  • 土曜・日曜営業
  • メイクルームあり

お問合せはお気軽にこちらまで

お試しキャンペーン「だい式美顔鍼灸+小顔矯正」(美顔鍼を行った後、無痛小顔矯正を行います。)頭顔首の鍼、手足の鍼、小顔矯正手技(4~5つ)

「鍼・灸が苦手、怖い」
という方にはこちらがオススメ

「だい式操体法」初回限定キャンペーン
「美顔鍼灸コース」お試しキャンペーン美顔鍼灸(首・顔・首の鍼)のみをお気軽に体験いただけます。

美顔鍼灸初回限定キャンペーン
O脚矯正体感キャンペーンこのチャンスにスッキリ美脚を手に入れよう!
体幹ダイエット30分~40分(自重体幹トレーニング・自重体幹サーキットトレーニング・マシントレーニング・バランス歪み調整)

動画で紹介!
だい鍼灸整体治療院

だい鍼灸整体・治療院

〒190-0011
東京都立川市高松町2-20-1
ピッコロ1F
TEL:042-519-2180
※JR立川駅より徒歩11分、 多摩モノレール高松駅より徒歩9分
立川駅(中央本線、南武線、五日市線、青梅線)

※電車でお越しの方
(新宿駅→立川駅 約23分)
(東京駅→立川駅 約40分)
(池袋駅→立川駅 約37分)
 
※バスでお越しの方
高松町2丁目でお降りください。
JR立川駅より3分
玉川上水駅より8分
多摩モノレール泉市民体育館より4分
 
※お車でお越しの方
(駐車場完備or提携駐車場あり(駐車チケット1枚サービス))
中央自動車道国立府中ICから約18分
関越自動車道 所沢ICから約55分
エキテンへはこちらから
美と癒しのサロン検索&予約ならispot
院長ブログはこちらから

お知らせ

  • 2019.4.23 ◆GWの診療日のお知らせ◆
    GWは27日(土)~29日(月)、3日(金)、4日(土)、6日(月)午前中のみ診療致します。
  • 2019.1.15 ◆午後診療休診のお知らせ◆
    勉強会のため1月17日(金)の午後診療を休診とさせていただきます。
  • 2018.12.5 ◆午後診療休診のお知らせ◆
    勉強会のため12月7日(金)の午後診療を休診とさせていただきます。
  • 2018.10.7 ◆午後診療休診のお知らせ◆
    勉強会のため10月12日(金)の午後診療を休診とさせていただきます。
  • 2018.8.7 ◆移転のお知らせ◆
    8月16日(水)をもって昭島店での営業を終了し、21日(火)から立川店での営業となります。詳細はHP上の移転のお知らせをお読み下さい。
  • 2018.6.20 ◆営業時間短縮のお知らせ◆
    6月23日(土)はセミナー参加のため診療受付11時までとさせていただきます。

腰部ヘルニア

椎間板ヘルニアは、比較的若い世代に多くみられます。

実は背骨は1つの骨ではなく、20数個の骨で出来ています。
それぞれの骨と骨の間には椎間板というクッションがあり、この椎間板が背骨にかかる負荷を軽くしてくれています。

椎間板ヘルニアとは、背骨と背骨の間にある椎間板というクッションが飛び出した状態をいいます。この椎間板ヘルニアが腰骨の所で発生し、後ろを走る神経を圧迫することで坐骨神経痛が起こります。

ヘルニアとは「飛び出す」という意味です。

飛び出した椎間板はすぐ後ろにある神経に触れてしまいます。

飛び出た椎間板(クッション)が触れた神経の位置より下の神経領域にしびれや痛み、麻痺などを引き起こします。飛び出た位置、場所によって障害範囲は違ってきてしまうのはそのためです。椎間板が首の位置で飛び出せば頸部ヘルニアとなり、腰の位置で飛び出せば腰部ヘルニアとなります。

椎間板ヘルニアで最も発生しやすい箇所は腰(腰椎)であり、特に腰椎4番と腰椎5番、腰椎5番と仙椎の間によくみられます。

椎間板ヘルニアという言葉は一般の方でも良く知られており、ちょっと腰が痛いと椎間板ヘルニアが原因ではないかと考えられる人もいます。しかし、椎間板ヘルニアを原因とする症状は、腰というよりもお尻、足にかけてのしびれ、痛みが特徴的です。

痛いのに無理をすると椎間板への負担が大きくなり、さらに椎間板は飛び出してしまう恐れがあります。ちょっとした姿勢の変化でも痛みが出たり、痛みが激しい場合には動けないという状態もあります。

椎間板がどれだけ飛び出ているか、神経に炎症や血流の障害がない、どの場所に飛び出ているかによって症状の具合が変わってきます。ヘルニアはあっても、痛みやしびれなどの症状が出ない場合も多々あります。

また、手術を勧められるケースも多いですが実は手術を受けなくても改善できることも多いです。

発症後はしばらく安静が必要です。動けるようになったら早めにプロの施術を受けてください。

施術を受けることで回復する可能性が大きくなります。手術を受ける前にぜひともご相談ください。